負のスパイラル

負のスパイラルからなかなか抜け出せません・・・・
前厄だからでしょうか?(関係ないか)

せっかく弊社に入ってくれた新人君なのですが、あまりにも要領がわるく、家族会議の結果辞めてもらうことになりました。(涙)

入社前の話し合いで、とりあえず2カ月間お試し期間にしましょうと。

弊社としては 電気工事は工具で指切断等の大怪我をしたり 高所作業時に転落したり 運が悪ければ命を失う事故の可能性もあるので あなたの適性を見たい。

新人君側としては 入ってはみたがやはり自分に合ってない仕事だと感じたり、会社の雰囲気が思ってたのと違うなどあるかもしれないので その為のお試し期間です。

結局 2か月の試用期間がすぎ、契約更新しないとの事になりました。

本人は一生懸命頑張っていたのですが、ポイントがずれており・・・
以前ブログにも書きましたが 入ってからずーーと会長に怒られっぱなしで・・・・

いつか死亡事故につながる恐れがあると判断しました。


で これでまた弊社 父、私、弟 あと事務員の妹 4人の家族経営に戻ってしまいました・・・・

こうなると また仕事をとるのが難しくなります。

たとえば 応援来てとせっかくお誘いを受けても 70歳前の会長が行くわけにも行きませんし、私自身もどちらかと言えば番頭よりで ばりばり職人ではありません。(もちろん まったく素人ではありませんが)

そうなると 弟のみを応援に出しても 家族4人分の売り上げを一人で上げれるわけがありません。

ところが これが「請負い」で仕事を頂けると、電気の経験豊富な会長が指揮をとり 私と弟で作業できますし 手が足りない場合は応援さんを呼ぶこともできます。

今までの携帯電話工事がこの体制で行っていおり、これ以外のパターンで仕事をする体制がとれてないのです。

どっちみち 応援だけでは 職人単価も安い為 売り上げが足りず、会社としてはやっていけないのですが。

「請負い」で仕事をもらうには ある程度会社の規模が大きいお客様との付き合いが必要でして、いろいろ頑張っては見ましたが なかなかの「きっかけ」「タイミング」「つて」等が無い限り 難しく。
く。 

となると 弊社が出来ることは限られてしまう・・・・

選択肢は 
①現状の体制で弊社ができる仕事をするか
②人数を増やして応援でもなりたつ体制にするか

それでなくても 会社に人が入ってくれない現状 ②の選択は厳しいですので それだと①の選択で行くしかない。

今の体制で行える事は

①いままでやっていた携帯電話工事。(現在まったく仕事が出てない)
②中小規模の店舗や工場等の電気工事。応援じゃなく請負いで。(建設会社さんと繋がらないと・・・電気だけの発注ないもんな・・・)
③LED照明工事 (いかにお客様を見つけるか)
④工場、オフィス、住宅等の 電気保守。(照明機器が故障したや コンセントを増やしたい等の小さい仕事をかき集める)

それで 今のところ③が一番可能性があるかと・・・・

ただ本格的に営業始めましたが 一般の人に対して 商品売るのって難しいと実感させられる毎日です(涙)

(きっといろんなノウハウがあるうだるなぁ~・・・)






コメント